企業法務に必要な資格

企業法務に就くためには、法律に詳しくなければいけないことから、弁護士や司法書士などの資格を取る必要があります。
また、「ビジネス実務法務検定」という資格も、企業法務をやる際に持っていれば有利な資格となっています。
弁護士と司法書士はどちらも国家資格ですが、仕事の範囲は弁護士の方が広く受け持ちます。
司法書士は、簡易裁判所による民事事件に関する訴訟しか担当できず、刑事事件や行政事件については、弁護士に譲らなければなりません。
また、行政書士という仕事もありますが、これは官公庁などに提出する書類を作成する仕事で、法律関係の業務は、おもにこの3つが分けることになります。

一般的に、弁護士資格を取得する人は、司法書士や行政書士の資格を持っていたりするものです。
その理由は、弁護士事務所であったとしても、司法書士の採用の方が多かったりするからです。
弁護士向けの案件よりも司法書士向けの案件の依頼の方が多ければ、司法書士が多く採用されることになります。
単純に弁護士の方が試験内容が難しく、仕事の範囲も広いから弁護士の方が有利とならないのは、仕事の需要と供給のバランスによるものでしょう。

ビジネス実務法務検定は、3級・2級・1級のレベルに分かれています。
企業法務に携わる人でも、新人(3級)、中堅社員(2級)、管理職(1級)と、持っている法律知識のレベルごとに受験することが可能です。
法務関連の資格の取得をお急ぎの方は、3級を受験されるとよろしいのではないでしょうか。


○推薦リンク
企業法務に詳しい弁護士と手頃な値段で顧問契約が結べるサービスです → 弁護士 顧問契約